賃貸探しで役立つ構造の違い

賃貸を借りるときに家賃、間取り、設備は非常に重要ですが、

住み心地を左右する構造も実は重要なのです。

 

それぞれの特徴、メリット・デメリットをご紹介いたします。

 

 

☆W造 ・S造・RC造・SRC造の特徴

 

・W造(木造)

W造(以下、木造)は柱や梁など骨組みに木材を用いた構造のことです。

日本の建築構造のスタンダードともいえる構造で、木の柱の間に断熱材や防音材が入り、壁を貼っていきます。

 

・S造(鉄骨造)

S造(以下、鉄骨造)は柱や梁など骨組みに鉄骨を用いた構造のことです。

木造の柱が鉄になったとイメージしてみてください。

Sはスチールの略で、粘り強さがあり、RC造やSRC造よりも軽量でしなやかです。

なお、S造には軽量鉄骨造と重量鉄骨造の2種類があります。

鋼材の厚みが6mm未満のものを軽量鉄骨造と呼び、一般住宅や小規模の建築物が多いです。

鋼材の厚みが6mm以上のものを重量鉄骨造と呼び、高層マンションやビルなど大規模の建築物をつくる際に用いられます。

 

・RC造(鉄筋コンクリート造)

RC造(以下、鉄筋コンクリート造)は柱、梁、床、壁が鉄骨とコンクリートで構成された構造のことです。

鉄筋の周りにコンクリートを流し込むため、2つの材料の弱点を補完しあい、非常に頑丈なつくりとなります。

鉄筋は引張力に強いが熱に弱い、コンクリートは熱や圧縮に強いが引張力が弱い、という双方の特徴を組み合わせて、より強い構造を実現しています。

 

・SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)

SRC造(以下、鉄骨鉄筋コンクリート造)はRC造とよく似た構造ですが、支柱が鉄骨という点が異なります。

鉄筋コンクリート造の耐久性と鉄骨のしなやかさや粘り強さを兼ね備えた構造です。

鉄骨鉄筋コンクリート造は高層の建物に向いています。

 

☆それぞれのメリット・デメリット

・W造(木造)のメリット
家賃が安い/通気性が良い/適切な湿度が保たれる

・W造(木造)のデメリット
気密性が低い/防音性が低い/冷暖房が効きにくい/耐火性が低い

 

・S造(鉄骨造)のメリット
広い間取りが可能(柱と柱の間の距離を確保できる)/間取りの自由度が高い(耐久壁が不要)/遮音性が高い

・S造(鉄骨造)のデメリット
断熱性が低い(夏は暑い、冬は寒い)/柱型が間取りの邪魔になることがある

 

・RC造(鉄筋コンクリート造)のメリット
デザイン性が高い/気密性が高い/遮音性が高い/耐火・耐震性が高い

・RC造(鉄筋コンクリート造)のデメリット
木造、鉄骨造に比べて、家賃が高いことが多い

 

・SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)のメリット
デザイン性が高いことが多い/気密性が高い/遮音性が高い/耐火・耐震性が高い

・SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)デメリット
家賃がもっとも高い

 

などと違いがあります。

マーベラスホームでは基本的に木造と鉄筋コンクリート造です。

是非お客様にあったお部屋探しをお手伝いさせてください!

 

お問い合わせ